どんな立地でも家を建てられる狭小住宅という技術

狭さを価値に変える住宅

間取り図

都会暮らしを楽しめる家

狭小住宅は、名前の通り狭い敷地に建てられた小さな住宅のことです。どの程度のサイズのものをそう呼ぶかについて明確な定義があるわけではありませんが、敷地面積がおおむね50平方メートル以下であることが一応の目安となります。狭小住宅は土地の値段が極めて高額であるというわが国特有の、中でも都市部特有の不動産事情に即して生み出された住宅様式です。かつては、この名称は「普通の住宅以下の価値しかない家」というネガティブなニュアンスを持っていました。しかし現在では、「限られたスペースを上手に活用した住まい」という、むしろスマートさを肯定的に評価する際に使用されるようになっています。こうした価値観の変化が起きた理由は、主として2つあります。1つは、ライフスタイルの多様化です。かつては適度な広さを持った郊外の住宅に住み、都心に通勤するというのが多くの人にとっての理想的な生活形態でした。しかし最近では、家の広さよりも都会暮らしの利便性を重視する人々もかなりの数に上ってきています。もう1つは、工法や資材の進歩です。狭小住宅は敷地面積に制限があることから、一般的な住宅と同じような間取り構成を取ることが困難です。しかしそのことが却って、デザイン性の高さにつながるという結果をもたらしています。そのデザイン面における個性を保証するのが、地下室の設置や3階建て、屋上庭園といった狭小住宅ならではの工法です。また、壁面をガラス張りにしたり透明な強化プラスチックを随所に使用したりすることで、狭い建物の中でも明るさや開放感を十分確保するといった工夫もしばしば採り入れられています。

土地選びと利便性

間取り

注文住宅でマイホームを建てるなら、一生に一度の買い物となるので慎重に進めたいものです。家づくりには土地選びが重要ですが、滋賀県の業者ではセットで行ってくれるところもあります。地域による気候の差など、住宅に与える影響も考えて施工してくれるので、熟知した業者を選ぶようにしましょう。