どんな立地でも家を建てられる狭小住宅という技術

京都と大阪のベッドタウン

一軒家

利便性の高いエリア

大阪市と京都市を結ぶ京阪沿線は両市のベッドタウンとして機能するエリアです。交通の利便性が高く通勤や通学に便利な地域と言えます。駅周辺には再開発で大型商業施設や高層マンションが建設され、周辺のエリアには戸建て物件や戸建て向けの土地物件が数多く提供されています。京阪沿線にはJRや京阪電気鉄道などの路線が走り、京阪沿線の住宅地には路線バスが運行されています。公共交通機関での移動がしやすく古くからベッドタウンとして開発が進んできたため、コンディションの良い中古の戸建て物件も多くリノベーションなども盛んに行わています。京阪沿線には枚方市駅や樟葉駅など関西での指折りの人気のあるエリアがあります。商業施設や医療施設も充実していて、治安もよく子育てがしやすい環境にあります。教育に熱心な自治体が多く全国平均でも比較的優秀な成績を残している自治体もあります。樟葉駅は駅周辺の再開発も進み、大型の商業施設や超高層マンション、ゴルフコースなどが整備され住環境が整えられています。古くからベッドタウンとして開発が進んできた地域ですが、緑や自然も残っていて子供を遊ばせるための公園、レジャー施設なども整っています。京阪沿線エリアは住環境がよく比較的リーズナブルな価格の戸建て物件の供給があり、関西内外からの移住者も多い地域です。関西圏以外からの地域からの移住でも地域に溶け込みやすい街の雰囲気があります。介護施設も整備されているので、リタイア世代の方も安心です。